2009/01/12

SEM酒場について

検索エンジンマーケティング(SEM)まわりをメインに、インターネットやマーケティングなどに関するあれこれを、気が向いた時につづるブログ。当然ながら所属する企業の見解を示すものではなく、あくまで個人としての意見表明である。また基本的には誰でも参照可能な公開情報をもとにしており、勤務を通じて知り得た非公開情報などは利用していない(はず)。

最近はSEO やスパム関連の話が増え、悪辣なサービスに対して苦言を呈することもあるが、必ずしも本意ではない。「SEM酒場」のブログ名が示すとおり、本来は酒場での話のネタになるような、役には立たないが微苦笑を誘われる話題こそ取り上げたいと考えている。

副題の「ぼくは検索エンジンとブラウザが好き」は植草甚一氏の書名のもじり。インターネットへの入り口であるブラウザと、道しるべとしての検索エンジン。つまりインターネットを利用する際にかかせないふたつのものに焦点をあて、自分なりにインターネットの面白さと今後の方向性に迫りたい、ということなのだろう、今にして思えば。

筆者(kuroyagi)について

ここでは実名等は開示しない。調べればすぐ分かるので興味のある方はそれこそ検索していただきたい。ニュース系Web サイトの企画・運営を経て2003年1月からSEM の領域に関わり、主に大手企業向けのSEO コンサルティング(1案件につき半年で数百万円規模)や自社のマーケティング/広報を担当(→在職中に上場)。現在は広告配信プラットフォームに所属し、マーケティングコミュニケーション/広報を担当している。

*この項については随時更新する可能性あり。

ラベル: ,